​改葬(墓じまい)について

​現在”改葬”するご家庭が急増しており、ご相談が増えています。

お墓やご遺骨を他の場所(寺院・霊園)に移すことを、「改葬」(かいそう) といいます。

最近では、遠方のお墓を撤去(墓じまい)し、ご遺骨のみを移し供養される方も増えております。

こちらでは ご遺骨のみ を南春寺へ移す際の進め方をご説明いたします。

【受入書】

南春寺(NPO)で入手できます。

(事前に申込み書の提出が必要です)

必要書類を役所に提出

すれば改葬手続きができます​

下記にある2つの書類を役所に提出することで改葬に必要な手続きは完了します。

(必ず行うことです)

手続きを済ませれば、あとはお墓(納骨堂)から遺骨を出し、新しい行き先である

”南春寺”に遺骨を移すのみとなります。

【改葬許可書】

改葬手続きを行う役所の窓口で入手できます。

(ホームページからダウンロードできる役所もあるようです)

《 改葬手続きの手順​ 》

【その1】

手続きを行う為の書類(改葬許可申請書)を役所より入手する。

​※ご遺骨のある寺院・霊園を管轄する役所になります。

【その2】

NPOに申し込みを済ませる。

​※申込書を事前に返送してください。

後日、NPO(南春寺)より受入書が発行されます。

【その3】

役所で入手した書類にご遺骨がある寺院・霊園から署名・捺印をもらう。

​※証明書を発行された場合は書類への署名・捺印が不要のケースがあります。詳しくは役所にお尋ねください。

【その4】

ご遺骨がある寺院・霊園を管轄する役所に

”改葬許可申請書” ”受入書”を提示し、

「改葬許可書」を発行してもらう。

【その5】

ご遺骨のある寺院・霊園に許可の下りた

「改葬許可書」を提示し、ご遺骨を返却してもらう。

※壺の中に水が溜まっている場合は水を抜いてもらってください。

【その6】

南春寺(NPO)に手続きを終えた書類をご遺骨と一緒に納める。

​※予めご予約が必要です。

【その後】

​南春寺は365日、毎日開門していますので、ご遺骨の埋葬後はいつでも好きな時にお墓参りすることが出来ます。

《改葬に関する注意点》

予め改葬する旨をご家族や親戚、現在ご遺骨のある寺・霊園の管理者にも相談をしておきましょう。後々に「移すことを聞いてなかった」「認識と違う」などトラブルになってしまうケースもあるようです。

上記の流れは参考例です。手続きを行う役所が定めた方法にてお手続きください。

※役所・または状況ごとに手続きの仕方が異なる場合があります。​

Copyright(C)  2018 NPO法人「終の棲家なき遺骨を救う会」 All Rights Reserved.